サービスに関する
お問い合わせ

緊急対応 専用窓口

セキュリティの緊急事態が発生したらご遠慮なくお問い合わせください。ご相談は無料です。

SHIFT SECURITY

クラウドセキュリティの
学び場

SHIFT SECURITY クラウドセキュリティの学び場 用語・国際規格 マネージドサービス|サクッと読めるセキュリティ用語解説

マネージドサービス|サクッと読めるセキュリティ用語解説

サクッと読めるセキュリティ用語解説 マネージドサービス
目次
  • マネージドサービスとは
  • マネージドサービスの例

マネージドサービスとは

マネージドサービスとは、ITシステムがサービスを継続的に提供できるための管理(マネージ)をベンダーに委託することで成立するサービスです。

サービスを継続的に提供するためにはさまざまなことを考えなければなりません。

例えば、

・サーバーやネットワーク機器をどこに設置するか。
・設置場所は電源やネットワークが安定して供給されているか。
・故障時の対応はどうするか。
・どのようなOSやミドルウェアをインストールし、
 それらに脆弱性が発見された場合セキュリティパッチをどう適用するか。
・自分たちが開発したソフトウェアをどう正しく配置して動かすか。
・そもそも「継続的に提供できている」ことをどうチェックするか。
・外部からの侵入や妨害といった攻撃にどう対処するか。

などなど

これらの少なくとも一部分を外部に委託する「マネージドサービス」を活用して、利用者自身が管理すべきことに集中することで、サービスの利用または提供に対する負担およびコストを軽減することができます。

マネージドサービスの例

一例としてクラウドで仮想マシンを借りるサービス(IaaS;Infrastructure as a Service)を考えてみます。この場合、「マネージドサービスとは」で述べたようなことのうち、「仮想マシンを継続的に動かす」ことについては、利用者は考える必要はありません。

一方で、その仮想マシン上に導入したOSやミドルウェア、ソフトウェアについては、利用者自身で管理する必要があります。この場合、仮想マシン自身の管理はクラウド事業者に委託し(マネージド)、OSより上の部分は自分たちで責任を持つ(アンマネージド)ということになります。同じくクラウドであるPaaS(Platform as a Service)やSaaS(Software as a Service)は、さらに広い範囲をマネージドにしたサービスだと言えます。

マネージドサービスを提供するベンダーのことを「マネージドサービスプロバイダー(Managed Service Provider; MSP)と呼びます。もちろんクラウド事業者はMSPの側面を持ちますが、それ以外にもクラウドと自社資産(オンプレミス)あるいは複数のクラウドベンダーをまとめて管理したいといったニーズに応える、あるいはセキュリティといった特定の切り口に特化するなど、さまざまなMSPが存在します。特にセキュリティ特化型のMSPはMSSP(Managed Security Service Provider)と呼ばれます。

あなたの疑問を一緒に解決します!

解説してほしい用語や技術、仕組みについての疑問、
みなさまのクラウドセキュリティのお悩みに関して技術者が記事にして回答します!
ぜひご気軽にご投稿ください。

クラウドの脆弱性診断にご興味があるかたはこちら

この記事の著者 おがさわらなるひこ

2015年より株式会社SHIFTにてソフトウェアテスト自動化の顧客導入支援・プラットフォーム開発に従事。加えてSHIFT SECURITY設立に兼務で参画し、初期の標準化や教育などを担当。2019年に同社専任になってからは、開発者向けのソフトウェアセキュリティサービス、スマートフォンアプリ診断手法および社内ツール開発などを主な業務とする。個人としては主にデスクトップ領域のオープンソースソフトウェアの愛好家であり、翻訳やバグ報告、雑誌やWeb媒体への執筆、イベントへの登壇なども行う。隠れた趣味はリバーカヤック。

\ 記事をシェアする /

サービスに関する
お問い合わせ