サービスに関する
お問い合わせ

緊急対応 専用窓口

セキュリティの緊急事態が発生したらご遠慮なくお問い合わせください。ご相談は無料です。

SHIFT SECURITY

クラウドセキュリティの
学び場

SHIFT SECURITY クラウドセキュリティの学び場 用語・国際規格 メタストラクチャ / アプリストラクチャとは

メタストラクチャ / アプリストラクチャとは

メタストラクチャ / アプリストラクチャとは
目次
  • メタストラクチャ と アプリストラクチャ の定義
  • メタストラクチャ と アプリストラクチャ に対する注意点

メタストラクチャ と アプリストラクチャ の定義

「メタストラクチャ」「アプリストラクチャ」クラウド基盤の論理モデルを表す言葉です。

IaaSと呼ばれるクラウド基盤では物理的なCPUやネットワーク等の「インフラストラクチャー」を仮想化し、サービスとして提供します。 この「仮想化されたインフラ」とそれを管理する仕組(Webコンソール や API 等)が「メタストラクチャ」と呼ばれます。

この「メタストラクチャ」上に構築されたアプリケーションやサービスが「アプリストラクチャ」と呼ばれます。クラウド基盤利用者(開発者)が利用する際には一般的に「メタストラクチャ」が最も低レイヤーの概念となります。

また、アプリストラクチャの中にはクラウド事業者が提供する基本アプリケーションも含まれます。 クラウド事業者が提供するアプリストラクチャとしては人工知能やメッセージングサービス等があります。 クラウド基盤利用者はこのような メタストラクチャ や アプリストラクチャ を利用して様々なシステムを開発・提供できます。

メタストラクチャ と アプリストラクチャ に対する注意点

「クラウドの重大セキュリティ脅威 11の悪質な脅威」には「メタストラクチャ と アプリストラクチャ の障害」という項目があります。

クラウド事業者が提供する「メタストラクチャ」や「アプリストラクチャ」は一般的に高い信頼性を持ちますが、反面、利用者自身ではメンテナンスできず、障害が発生した際には基盤上のサービスの停止やデータ喪失等の重大リスクに繋がる恐れがあります。

このため、メタストラクチャ と アプリストラクチャ の選定においては「機能が成熟したサービス」や「ドキュメントが充実したサービス」等、信頼性を十分に吟味して選定することが重要です。 また、情報システムをクラウドサービスとして提供する場合、サービス利用者からの視点ではその「クラウドサービス」が「アプリストラクチャ」となります。

このような観点からも、クラウドサービスを提供する際には脆弱性診断や負荷テストのような信頼性評価と可視化、ドキュメントの提供等が求められます。

あなたの疑問を一緒に解決します!

解説してほしい用語や技術、仕組みについての疑問、
みなさまのクラウドセキュリティのお悩みに関して技術者が記事にして回答します!
ぜひご気軽にご投稿ください。

クラウドの脆弱性診断にご興味があるかたはこちら

この記事の著者 中村 丈洋

形式手法および高信頼ソフトウェアの研究に従事、博士号(工学博士)を取得。2013年より株式会社SHIFTにてソフトウェアテスト支援ツール開発および非機能テストに従事。SHIFT SECURITY の設立に携わる。同社では脆弱性診断手法とツール開発、およびセキュリティコンサルティング業務に従事。2018年よりSHIFT SECURITY 執行役員に就任。現在に至る。

\ 記事をシェアする /

サービスに関する
お問い合わせ