サービスに関する
お問い合わせ

0120-142-117

お電話でのご相談 / 平日10:00〜18:00

エンドポイント診断

PC端末のセキュリティリスクを可視化

サービス概要

  1. インプット

    インプット

    PC端末 (Windows, Mac, Linux)

  2. 診断

    診断

    国際基準に基づいた診断 (CIS)

  3. アウトプット

    アウトプット

    PC端末の脆弱性や設定不備情報

エンドポイント診断の必要性

  • ウイルス感染の脅威が増大

    巧妙に作成された偽のWebサイトや、差出人を騙ったメールによるウイルス感染が増大しており、以前にも増してエンドポイントのセキュリティリスクが高まっています。

  • PC端末の紛失や盗難が多発

    脆弱性や設定不備がある状態でPC端末が第三者の手に渡ってしまった場合、保存されている機密情報の漏洩やエンドポイントから社内システムへの不正侵入につながります。

  • リモートワークや在宅勤務への移行

    PC端末を自宅やカフェで使用することで物理的に担保されていたセキュリティ対策が不十分となり、通信の盗聴や私的利用によるのウイルス感染のリスクが高まっています。

SHIFT SECURITY
“3つの強み”

01

多種多様な
エンドポイントに対応

SHIFT SECURITYのエンドポイント診断では、主にPC端末にインストールされた Windows / Mac / Linux の各種プラットフォームに対応します。 様々なプラットフォームに対応することで、多様化するエンドポイント環境のセキュリティリスクを洗い出すことができます。

02

国際基準に基づいた
網羅性の高い診断

SHIFT SECURITYのエンドポイント診断では、国際基準であるCIS (Center for Internet Security) ベンチマークに基づいて脆弱性診断を行います。 厳格な国際基準を用いることで、セキュリティ対策で検討すべきベストプラクティスを漏れなく可視化することができます。

03

客観的かつ定量的な
評価手法を採用

SHIFT SECURITYのエンドポイント診断では、共通脆弱性評価システムCVSS (Common Vulnerability Scoring System) に基づいて脆弱性評価を行います。 客観的かつ定量的な評価手法を用いることで、同一基準の下で脆弱性を比較して簡単に優先度を設定することができます。

料金: ¥1,000,000円~

SHIFT SECURITYの脆弱性診断では、
セキュリティリスクの可視化から対策まで具体的にご提案します。

サービスに関する
お問い合わせ