サービスに関する
お問い合わせ

0120-142-117
お電話でご相談 / 平日10:00〜18:00
※ タップして今すぐお電話

緊急対応 専用窓口

セキュリティの緊急事態が発生したらご遠慮なくお問い合わせください。 ご相談は無料です。

SHIFT SECURITY

クラウドセキュリティの
学び場

SHIFT SECURITY クラウドセキュリティの学び場 用語・国際規格 DaaS|サクッと読めるセキュリティ用語解説

DaaS|サクッと読めるセキュリティ用語解説

サクッと読めるセキュリティ用語解説 DaaS
目次
  • DaaSとは
  • DaaSの代表的な利点と注意点

DaaSとは

DaaS とは Desktop as a Service の略称で「ダース」と読みます。パソコン端末を会社の自席においたり、ノートPCを持ち歩いて業務用の作業環境を構築している方がいるかと思いますが、DaaSでは「サービスとして」作業環境(デスクトップ)を利用します。

具体的なサービスとしては、 AWS の Amazon Workspaces や Azure の Windows Virtual Desktop などが挙げられます。似た概念として「リモートデスクトップ」や「シンクライアント」という概念があります。どちらも「手元の端末を通して遠隔地の端末を利用する」仕組であり、構築する際には物理的なパソコンやサーバの管理を意識する必要がありました。

一方、DaaSでは物理的なパソコンやサーバは意識することなく、「クラウド上にある作業環境」を手元の端末から遠隔で利用します。

DaaSの代表的な利点と注意点

DaaSの代表的な利点と注意点についてご紹介します。

DaaSの代表的な利点

これらの特徴は在宅勤務での業務環境の構築に適しているため、現在、DaaSが広く普及しています。

高いスケーラビリティ

物理的なパソコンやサーバは購入から配送に時間がかかり、また、置き場所等の制約が生じます。一方、DaaSではそのような制約なしに即座に作業環境(=ユーザ)を増やせます。

データの集約

ノートパソコンを紛失した場合、その中に保存しているデータは漏洩する恐れがあります。一方、DaaSでは処理やデータ保管をクラウド上で行うため、端末紛失時でもデータ漏洩の防止が容易になります。

DaaSの注意点

不正アクセス

DaaSはどこからでも利用できるという高い利便性の反面、不正アクセスへの注意が必要になります。不正アクセスされた場合、その作業者のデータだけでなく、その作業環境からアクセス可能な様々なデータやシステムが影響を受ける恐れがあります。

不正操作

出社が必要なデスクトップ端末と異なり、DaaSでは時間と場所を問わずに組織の情報資産にアクセスできます。このため、不正操作などによる情報資産の侵害を防ぐための仕組が必要になります。

これらの注意点に対しては以下のような対策が挙げられます。
・ アカウントを含むクラウド環境の設定
・ 不正操作の監視・防止(CASB導入やSOCサービスの導入)

DaSSの利点と注意点を理解したうえで、必要なセキュリティ対策を行い利用していく必要があります。

あなたの疑問を一緒に解決します!

解説してほしい用語や技術、仕組みについての疑問、
みなさまのクラウドセキュリティのお悩みに関して技術者が記事にして回答します!
ぜひご気軽にご投稿ください。

クラウドの脆弱性診断にご興味があるかたはこちら

この記事の著者 中村 丈洋

形式手法および高信頼ソフトウェアの研究に従事、博士号(工学博士)を取得。2013年より株式会社SHIFTにてソフトウェアテスト支援ツール開発および非機能テストに従事。SHIFT SECURITY の設立に携わる。同社では脆弱性診断手法とツール開発、およびセキュリティコンサルティング業務に従事。2018年よりSHIFT SECURITY 執行役員に就任。現在に至る。

\ 記事をシェアする /

サービスに関する
お問い合わせ

0120-142-117
お電話でご相談 / 平日10:00〜18:00
※ タップして今すぐお電話